バイナリーオプション革命 【検証とレビュー】

一般ユーザーからロジックを募集して、それを2週間程度の検証後に、商品化して販売するという全く新しい試みです。この試みが成功するかどうかは、ひとえに優秀なロジックが集まるかどうか?にかかっています。

ただバイナリーオプションは、ギャンブル的要素が極めて高い金融商品です。FXで勝てる優位性のありそうなロジックを募集するというのであれば、まだ理解できます。

しかしながら、短期時間限定売買(バイナリーオプション)で、勝率50%を安定的に超えるアイデアを考えることは、かなりハードルが高いように私には思えます。

私にとっては、コイントスの表と裏を50%を超える確率で当てる必勝法、という感じです。

バイナリーオプションは、短期的には勝てても、長期的に継続して勝ち続けることが極めて難しい金融商品です。勝負が早いため、戦略や戦術がほぼ通用しない、単なるノイズ当てゲーム、それがバイナリーオプションです。5分後や10分後の相場のノイズを、50%を超える確率で当て続けることが求められるゲームです。

そこには、ロジックも投資スキルも通用しない、ギャンブル的な世界に通じるものがあります。

販売会社は株式会社プレミアム

バイナリーオプション革命の販売会社は、株式会社プレミアムという業者です。株式会社プレミアムがこれまでに販売してきた商品の一覧です。

ロト6予想ソフト~ロトブレイン~
ナンバーズ革命!3&4対応
ミニロト予想ソフト【ミニロトPREMIUM】
ロト6予想ソフト【プレミアムLOTO】
ご覧の通り、ロト商材がメインのようですね。

そういえば、マイクロジャパン株式会社も同じような業務形態でしたね。マイクロジャパンは株式会社は、ザ・イージーやザ・シークレットというバイナリーオプション商材を販売していますが、元々はロト商材を販売している会社です。マクロジャパンが販売してきた商材一覧はこちらです。

【特別価格】マスターロト
ミニロト予想ソフト【マスターロトmini】
ロトファイナル
ストライク・ロト6
低価格(1万円前後)の商材を大量に販売してアドレスを集め、バックエンド商材を販売するというマーケティングが得意ですね。

ロトとバイナリーオプションの共通点

それにしても、ロト商材販売会社が、バイナリーオプション商材を販売するというのも面白い組み合わせです。

一つ確実に言えることは、ユーザーの属性が極めて似ているということではないでしょうか?ロト商材で集めた顧客リストが、そのまま、バイナリーオプション販売にも流用できる可能性が高いということですね。

ロトは厳密には「クジ」であり、バイナリーオプションは厳密には「金融商品」です。しかし、その本質は、どちらもゲームであり、娯楽です。

バイナリーオプションとFXは似て非なるもの

バイナリーオプションとロトは、ジャンルは異なっても、本質は非常に近いように思えます。

逆の例を考えてみましょう。

FX業界で著名なトレーダーが、バイナリーオプションを推奨している例を見たことがありますか?

ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんが、バイナリーオプションを推奨しているでしょうか?

バックドラフトのくまひげ先生がバイナリーオプションを推奨していますか?

もしくは株式業界で有名な方々(実績のある方々)が、バイナリーオプションを勧めていますか?

まず、ないと思います。

不思議といえば不思議ですね。

バイナリーオプションとFXは、同じジャンルのように見えて、実は本質は大きく異るのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加