テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」ですが、こちらの商材も多くの問い合わせを頂いています。

FX荒稼ぎプログラムは、いわゆるライントレードと呼ばれる手法です。

チャート上に複数のラインを引き、そのラインとレートとの位置関係などを確認して、エントリーやストップ、エグジットのタイミングを取ります。

このサイトでも、過去に何度か、ライントレード商材を検証していますね。

ゴールデンスパイダーFX
乱獲FX
FXB-Manual
FX THE -RULE- Pro
FXエントリー&アカデミー
ご存じの通り、ライントレードは、裁量トレードにおける基本的な技術の一つです。

今回ご紹介するテクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」は、ライントレードを使用したトレンド発生時のブレイク狙いが中心となります。

ライントレードの基本とは?

ライントレードは、ひと言で言えば、”相場の節目”を探して仕掛ける手法、ということになります。

相場の節目とは、多くのトレーダーが意識するポイントとも言えます。

サポレジ(サポート&レジスタンス)や、トレンドラインなどもそうですね。また、00ポイントなどもそうです。

※00とは、ドル円で言えば、80.000円や79.500円など、切りの良いポイントです。

相場の節目と思われる箇所にラインを引くのが、ライントレードの基本です。

ライントレードの難しさ

多くのトレーダーが意識するポイントにラインを引き、そのポイントを目安にエントリーやエグジット・ストップを仕掛ける、これがライントレードの基本戦略ですね。

多くのトレーダーが意識するからこそ、そのラインが生きてくるわけです。

あるラインでレートが跳ね返されたり(カウンター狙い)、ラインを抜けることで一気にレートが伸びる(ブレイクアウト)など、ハマれば面白いように決まります。

しかし、多くのトレーダーが意識するポイントだからこそ、潜在的に大きなリスクも存在します。

大半のトレーダーが意識するポイントは、裏を返せば非常に狙われやすいポイントでもあります。

ストップが集中しているポイントを狙われたり、ブレイク狙いを読まれてダマシにあうなど、そう簡単に勝たせてはもらえません。

特に巨額の投資資金を柔軟に運用できる機関投資家などに、狙い撃ちされやすい傾向にあります。

ブレイク狙いで待っていた場合、思惑通りブレイクした後に、一旦戻してストップを刈られ、再度ブレイクする、という動きなどはよく見られます。

この動きは、ブレイク待ちのストップポイントを狙われた典型的なパターンですね。レンジ相場でのカウンタートレードでもよく見られます。

カウンタートレードでは、ストップをレンジの外側に置きますが、そのストップを狙われたりします。

大半のトレーダーが相場だけに目を向けている中で、本当に勝っているトレーダーは、他の多くのトレーダーの思考・思惑を常に探っています。

こうして、一般的なトレーダーは「カモにされる」わけです。

ちょっと話がそれました。つまり、成功することもありますが、どちらかと言えば、失敗すること(ダマシ)の方が多いというのが、ライントレードであるという印象です。

もうひとつ、チャートを後から見れば(振り返れば)優位性があるように見えることが多いのも、ライントレード手法の特徴でもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加