バババババイナリー評価に対するご意見をいただきました

バババババイナリーは、GMOクリック証券を推奨されています。

GMOクリック証券のペイオフ率は1.0、つまり勝てば2倍になり負ければ全額没収です。

しかしレンジ外判定があるため、勝率50%では期待値がマイナスです。

レンジ外に入る率は、ここ最近(2012年11月)は6~7%を推移していますね。つまり”単純賭け”において、勝率50%では勝てません。

505勝495敗でOKなのだが・・・

結局のところ、裁量部分が勝率を大きく左右しそうです。

シグナルを参考にしつつ裁量を加えていくことで、50%を超える勝率(つまり勝ち越し)を狙い、長期的な期待値をプラスにしていく必要があります。

短期的には勝ち越せることはあっても、長期的に(数ヶ月以上にわたって)勝ち越しが可能なのか?

短期的には勝ち越せてもトレード回数が増えれば増えるほど、勝ちと負けが拮抗してくるのではないでしょうか?

10回のトレードでは、7勝3敗(4勝ち越し)でも、100回ではどうでしょうか?1000回では?

もちろん、トレード回数が増えれば増えるほど一定の勝ち越し回数を確保するための勝率は下がります。(つまり勝率が低くても勝ち越しやすくなるということ)

同じ10回勝ち越しを確保するためには、100トレードでは55勝45敗(勝率55%)ですが、1000トレードでは505勝495敗(勝率50.5%)でOKです。

※逆に言えば、勝率の低いロジックにおいて一定の勝ち越し数を確保するためには、トレード回数を増やすことが絶対的に求められるということ。勝率51%しかなければ、100賭けで51勝49敗(2勝ち越し)、1000賭けで510勝490敗(20勝ち越し)。

1000回賭けて、505勝495敗(10勝ち越し)でもスゴイ成績だと思いますし、それが継続できれば確実に資産は増えます。

しかしこれは理論上(机上)の話です。

実際にトレードするとなると、想像以上の強靱な精神力が求められます。

505勝495敗(10勝ち越し)を達成する過程では、負け数が勝ち数を上回る時(ドローダウン)が、何度もあると思います。

実際に、バババババイナリー開発者のライブトレードにおいても、1日で35%を超えるドローダウン(資金125万円に対しマイナス45万円)を、瞬間的に発生させています(購入者からの情報)。

たった1日で、瞬間的にしろ▲45万円のドローダウンです。あなたはこのプレッシャーに耐えられますか?

確率的に勝ち越すことが頭ではわかっていても、実践するとなると負けが上回ることもあるので簡単ではありません。

この辺りの心理的なプレッシャー話は、トレアイ上位者のブログなどを見ればよくわかると思います。

さらに、確率的に勝ち越せるだけのロジック(手法)が絶対的に求められます。これ(勝率の高いロジック)がなければそもそも成立しない話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加