ボリ平式ドラゴンとスーパーボリンジャーは、どちらが優れているか?

マーフィー氏のスーパーボリンジャーとは、どのようなロジックなのでしょうか?インディケーターをチャートに設定すると、こんな感じになります。

スーパーボリンジャーチャート
特別なインディケーターを使用しているわけではなく、一般的なボリンジャーバンドと一目均衡表の遅行スパンを重ねて表示させているだけです。

ボリバンの期間は21、±1〜3σ(シグマ)を表示させています。遅行スパンの期間も21ですので、ローソク足の終値を21本分後ろにずらしたものにすぎません。

チャート図を比較してみる

ボリ平式ドラゴンのチャート図と比較してみましょう。上図がマーフィー氏のスーパーボリンジャー、下図がボリ平式ドラゴンです。

スーパーボリンジャーチャート boriheidragon
ボリ平式ドラゴンでは、平均足を使用していますね。それから、ボリバンの期間と遅行スパンの期間が、マーフィー氏と異なります。ボリバン期間は20、遅行スパン期間は26です。

テクニカルの読み取り方も大きく違う

チャート図は似ていても、テクニカルの読み取り方は大きく異なります。ボリ平式ドラゴンでは、遅行スパンとボリバン±3σとの関連性(抜けるかどうか)を重視し、エントリーやエグジットのタイミングを図ります。

一方、スーパーボリンジャーでは、遅行スパンとローソク足との関連性を重要視します。ローソク足と遅行スパンが絡まっている状態から、上放たれる(下放たれる)タイミングで仕掛けることもあります。

遅行スパンラインがローソク足と絡まるという状態は、すなわちボリンジャーバンドがスクイーズ状態であると言えます。

スクイーズ状態
出典:http://www.span-model.com/

スクイーズとは、ボリンジャーバンドが収縮してきて、ボラティリティ(変動幅)が小さくなっている状態のことを指します。

そして、期間21の遅行スパンがローソク足と絡まる状態というのは、21本前のローソク足(終値)と現在のローソク足の値が同一レベルにあるわけです。これは、スクイーズ状態が長期化しているという意味ですね。

長期化したスクイーズは、エクスパンション(ブレイク)の予兆でもあります。ローソク足から遅行スパンが放たれれば、すなわちエクスパンションとなります。とても理にかなったトレードと言えますね。

※最強スパンモデルで紹介されている手法は、これだけではありません。

スーパーボリンジャーはスパンモデルを補完するフィルター

ボリ平式ドラゴンも、スーパーボリンジャーも、スクイーズからのエクスパンション狙いという点から眺めれば共通点も多いように感じます。

ただ、スーパーボリンジャーは、スパンモデルを補完するインディケーターにすぎません。

マーフィー氏の最強スパンモデルは、スパンモデル + スーパーボリンジャーという2本立てです。だからこそ、優位性があるのだと考えられます。

私はマーフィー氏の最強スパンモデルを、非常に高く評価しています。それは、実践に裏打ちされた優位性の高いロジックだからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加