FXトレンドレーダー 【検証とレビュー】

FXトレンドレーダーは、メタトレーダーで使用するインディケーターですね。チャート上に矢印を点灯させるタイプのよく見かけるツールです。

トレンド発生を初期段階で察知して、チャート上に上下の矢印でトレンド方向を教えてくれる

販売ページより引用

トレンド発生を初期段階で察知とありますが、本当だったら100万円出してでも欲しいです。トレンド発生を初期段階で察知できれば、あっという間に億万長者になれるからです。

しかしながら、トレンド発生を初期段階で察知できるツールなど、この世には存在しない(はず)と考えています。

誤解のないように説明すると、トレンドが発生”しそうなタイミング”を察知することは簡単です。ブレイクアウト系などはそうですね。

しかし、その後トレンドに発展するか、ダマシになるかは、全く判りません(ある程度は予測できるかもしれませんが・・・)。

一般的にこの手の矢印ツールは、かなりの確率でダマシに合います。

高確率でトレンド発生を初期段階で察知することなど、不可能だからです。

FXトレンドレーダーの検証ブログ

FXトレンドレーダーを検索すると、この商材を絶賛している検証ブログがヒットします。

FXトレンドレーダーのシグナル通りにエントリーして、勝てたときのチャート画像などを掲載しています。

もちろん、勝てるときもあるでしょう(トレンド発生中にも頻繁にシグナルが点灯します)。

しかしダマシとなるシグナルも頻繁に点灯しているはずです。それらダマシについては、ブログ内でほとんど触れられていません。

本当の検証ブログであれば、ダマシ部分の対策についても検証して欲しいですね。

シグナル点灯型ツールの問題点とは?

FXトレンドレーダーのようなシグナル(矢印)点灯型ツールには、根本的な問題があります。

シグナルを点灯させるためには、明確なロジック(ルール)を用意する必要があります。明確なロジックがあれば、当然EA化(自動売買化)できますね。

しかしながら、この手のツールを自動売買化したものは、ことごとく勝てません。資産が右肩下がりに減っていきます。

つまり、採用ロジックに長期的に優位性がない、ということです。

チャート上のシグナル(矢印)を見ると、有効に機能しているように見えるだけ、つまり”まやかし”なのです。

結局、どこかで裁量を加え、シグナル(矢印)の取捨選択をしていく必要が生じるわけです。

シグナル点灯型ツールは、トレードの補助ツールにしか、なり得ないということです。

これが、シグナル点灯型ツールの問題点というか、本質です。

単体で使うよりも、補助ツールとして使う

FXトレンドレーダーには、ダマシ回避のためのルールなども用意されているようです。

ユーザー側で裁量を加えて、シグナルを選択するということになりそうです。

それであれば、完全に補助ツールとして割り切って、FXトレンドレーダーの矢印を一つの目安にするくらいで良いのではないでしょうか。

しかしながら、補助ツールにしては、42,000円という価格はちょっと高いように感じます。

この手のインディケーターは、探せばいくらでも無料で手に入りますし、

もう少し安い価格で優秀な補助ツール(FX商材)は存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加