ナイトオブバイナリー 【検証とレビュー】

ナイトオブバイナリーの販売会社は、マイクロジャパン株式会社です。

マイクロジャパン株式会社は、バイナリーオプション ザ・シークレットという商材を販売していますが、その販売ページの中で、自分の商品である「ナイトオブバイナリー」を、「糞(クソ)」と呼んでいます。

※バイナリーオプション ザ・シークレット販売ページのキャプチャ

ザ・シークレット販売ページより抜粋
>>http://m-japan.info/binary/it_3day/

>>バイナリーオプション ザ・シークレットの検証記事はコチラ

申し遅れました。
マイクロジャパン株式会社 システム開発Dグループの竹富です。

マイクロジャパンと聞いて、ある方は『ナイトオブバイナリー』を思い出されるかも知れません。

誤解を恐れずはっきり言います。

あれは糞だと思います。

同じ会社の奴が自社商品を糞ってどういうことだ?と思うかもしれませんが、
事実ですのでしょうがありません。

バイナリーオプション ザ・シークレット販売ページより引用

自分たちが過去に販売した商品(といっても、未だに販売中)を、クソと呼んでいるわけです。

クソと呼ぶほどの商材であれば、即刻売り止めにして、商材を購入した方全員に全額返金すべきでしょう。それが、販売会社としての正しい姿勢だと思うのですが、いかがでしょうか?

ナイトオブバイナリーが「クソ」であれば、それを購入したユーザーは、「それ以下」なのでしょうか?

販売会社が、過去に販売した自社商品(ナイトオブバイナリー)を、クソと呼んでいるのです。残念な表現です。

販売戦略の一環なのかもしれませんが、ちょっとやり過ぎな感じもします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加