池辺雪子の倍加テクを、別の角度から解説

まずは、レンジ状態を確認するための、ちょっと面白いインディケーターをご紹介します。Damiani_volatmeter.mq4です。

海外では比較的有名なインディケーターですので、ご存じの方もいると思います。チャートに表示させてみましょう。

Damiani_volatmeter.mq4
上のチャートのサブウインドウ(チャートの下)に表示されている、緑線と灰色線、茶色線が、Damiani_volatmeter.mq4です。

緑色ラインが灰色ラインよりも上にあるときはトレンド状態、逆に、灰色ラインが緑色ラインよりも上にあるときはレンジ状態です。

レンジ状態の時は、茶色いラインが自動的に表示されるので、分かりやすいですね。

チャート上でもう少し分かりやすいように、色分けしてみましょう。

Damiani_volatmeter.mq4色分け
ピンクの四角で囲った部分が、レンジ(茶色いラインが出現している箇所)です。なかなか面白いツールですね。

単純にこのツールだけでレンジを判断するのは危険ですが、使い方によっては、レンジブレイクにも応用できそうです。

このツールは、検索すれば無料でネット上で拾えます。

Damiani_volatmeter.mq4を使った手法

ちなみに、このDamiani_volatmeter.mq4を使った手法が、海外フォーラム(FOREXFACTORY)で取り上げられていましたので紹介します。

>>System on gbpjpy

System on gbpjpy
チャートの一番下(サブウィンドウ)に、Damiani_volatmeter.mq4が表示されていますね。

この手法は、レンジブレイクというよりはトレンドフォローですので、Damiani_volatmeter.mq4でトレンド状態を確認してエントリーを行います。

ルールはシンプルです。

ENTRYルール【売りの場合】
Damiani_volatmeter.mq4がトレンド状態(緑ラインが上)
Slope Direction Lineが赤色(チャート内の移動平均線のようなもの)
ローソク足がParabolic SAR(ピンクのドット)よりも下にある
QQEシグナルが赤(チャート内の赤丸)
newMACDが交差(2番目のサブウィンドウ)
文字に起こしてみると複雑なようですが、チャートを見れば一目瞭然です。この手法も、海外フォーラムで無料で手に入ります。

>>System on gbpjpy

レンジブレイクの手法を解説

レンジを確認するインディケーターから、ちょっと話がそれてしまいましたが、話を元に戻してレンジブレイクを解説してみたいと思います。

ここで池辺雪子さんの倍加テクのルールをおさらいしてみましょう。

① まず、相場が行ったり来たりともみあいになっているレンジを探して、上下に横線を引きます。

② 次に、レンジの幅の分動くと考えて、目標の値段を計算します。

③ レンジ(①で引いた横線)を上か下に抜けたらエントリー!

④ 目標の値段で利益を確定します。

販売ページより引用

まずはレンジになっている箇所を探し、レンジを抜けたらエントリー、そしてレンジ幅の倍でエグジットです。

レンジを探す方法は、先ほどのインディケーター(Damiani_volatmeter.mq4)でも探せますし、直近の最高値・最安値の推移を見て判断しても良いと思います。

また、時間を区切ってその間の最高値・最安値で囲まれたボックスを、レンジ(ボックスレンジ)と見なす方法もあります。
例)アジア時間で左右を区切り、高値安値で上下を区切ったボックスなど。

このレンジ(ボックス)をブレイク(レート抜け)でエントリーとなります。

リミット(利食い)ポイントをどこに置くか?

ブレイク後は、リミットとストップをどこに設定するかが重要になります。

まずリミットですが、比較的メジャーな方法は、フィボナッチを使って設定する方法です。意識されるポイントは、123.6%、138.2%、150%あたりです。

実際にチャート上にフィボナッチを引いてみます。

レンジブレイク
レンジ幅を100%としてフィボナッチを引き、レンジブレイク後、123.6%のポイント、138.2%のポイント、150%のポイントで利益確定の判断をするわけです。

ちなみに池辺さんの倍加テクでは、レンジ幅と同等のポイントに目標を定めますので、上のチャート図では200%のラインですね。200%(レンジ幅の倍)でも、リミットに達していますね。

もう一つチャートを見てみましょう。

レンジブレイクその2
こちらは、戻しが入らず、比較的キレイにブレイクアウトしていますね。倍加テクの200%にも達しています。

フィボナッチは、ストップの目安にも使う場合が多いです。例えば、ストップを38.2%や50%、61.8%のラインに置くなどです。

課題はダマシ回避

ご覧の通り、レンジブレイクアウトは比較的シンプルな手法です。 しかし、前回の記事にも書きましたが、克服すべき大きな課題があります。それが、ブレイクのダマシです。

一旦レンジ(ボックス)をレートが抜けても、レンジ内に戻されてしまうケースが多いのです。その後、逆行したり、あるいは再度レンジを抜けるなど、なかなか思い通りに動いてくれません。このダマシやレンジ内への戻しに、多くのトレーダーは翻弄されてしまうのです。

池辺さんの倍加テクでも、ダマシ回避のノウハウがあるはずですが、ここが最大のポイントなのではないかと思います。

ブレイク後、すぐにエントリーするのではなく、その後の押しや戻しを待ってからエントリーするというのも選択の一つです。

そして、その押しや戻しのポイント(目安)として、先ほどのフィボナッチを使用したりします。

つまり、レンジ(ボックス)を上に抜けたら、38.2%の押し目(レートがレンジ内に戻される)まで待ち、その後再び上値を目指したときにエントリーする、という方法です(一例です)。

また、エントリーの精度を高めるために、レンジだけでなく、サポート&レジスタンスや、トレンドライン、その他の意識されるポイント(ライン等)も同時に監視し、それら全てを抜けたところで、エントリーするというアイデアもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加