プレシャスFX 【検証とレビュー】

プレシャスFXは、ツール型のシグナル配信サービスです。前作、ラグジュアリーFXの後継機という位置づけですね。

チャンピオンシグナル配信者でもある、天羽義治氏の関連商材です。

前作、ラグジュアリーFXは、公開直後の成績やバックテスト成績が非常に優秀だったため、多くのユーザーが参加したようです。

しかしその直後、公表されていた成績が、ストップを全く考慮しない成績(バックテスト成績&フォワード成績)だったことが判明しました。すべての成績が大幅に水増しされていたことになります。

この事実は、購入ユーザーを混乱に陥れました。

ポジション保有中に、ストップにかかっていたとしても、最終決済ポイントがストップよりも上になる場合は、ストップそのものを無かったこととして、成績を掲載していたわけです。

この場合、リアルトレードではマイナス(ロスカット)です。しかし公開成績では大幅プラスでの掲載です。

これでは、正しい成績とは言えません。水増しされた成績と非難されても仕方がありません。

当然、購入ユーザーも黙ってはいません。販売会社は、ユーザーの不信に応える形でシステムの修正を余儀なくされました。

ところが、システム改変の結果、リアル実績は低調に…。これが、前作「ラグジュアリーFX」です。

プレシャスFXは1時間毎のシグナル配信

さて、その後販売された「プレシャスFX」ですが、ラグジュアリーFX同様にツール型のシグナル配信サービスです。

ラグジュアリーFXでは天羽氏の名前を全面に押し出していましたが、プレシャスFXでは「天羽氏」の名前が完全に伏せてあります。

プレシャスFXもラグジュアリーFX同様、1時間毎にシグナルが配信(ツール上で表示)されます。

自動売買ではありませんので、シグナルを確認して、手動でのエントリーとなります。エントリー時に、ストップ値も指示が出ます。

エントリーシグナル後は、決済シグナルもしくは損切りシグナルが配信されます。仕組みは前作のラグジュアリーFXと同じです。

プレシャスFXをEAで提供して欲しい

プレシャスFXは、エントリー値、エグジット値、ストップ値がすべて明確です。それならばEA(自動売買)化が可能です。

24時間配信であれば、EAで提供したほうがユーザーも助かると思います。人は24時間トレードすることは不可能です。是非、EA(自動売買ツール)として提供して欲しいですね。

そうすれば過去チャートでロジックの優位性も検証することが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加