USDJPY_EURUSD PRO 【検証と評価】

このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。

プロフィールには、

4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000種類近いEAを制作して参りました。

私がご紹介するEAは、フォワードテストを半年から1年、リアル運用を数か月以上繰り返し試してから、皆様にご紹介して参ります。

1週間に2EAを制作して、半年後にやっと判断が出来る位のペースでございます。
今までに1000種類近くのEAを制作しましたが、現在ご紹介出来るものは、ここ近年の大相場を乗り切った20種類ほどに絞られます。

とあます。

販売ページもシンプルで、売り煽りも全くありません。真面目な印象を受けますね。

USDJPY_EURUSD PROはどんなEAなのか?

具体的にこのEAを検証してみましょう。

EAの名前にある通り、対象通貨ペアは、USDJPY(ドル円)、EURUSD(ユーロドル)の2通貨ペアです。

基本戦略はトレンドフォローで、日本時間の早朝から正午までの間に稼働します。ちょっと前に流行った逆張り早朝スキャルピングEAとは少し趣が異なります。

チャートを見ているとそれほど頻繁にエントリーしないですね。ただ、スプレッドが広がっているからエントリーしないというわけではないようです。スプレッドに関係なくポジションを取っていきます。

ポジションの持ち越しはなく、基本的に日本時間の正午までにはクローズします。

ナンピン・マーチンゲール型ですが、若干特徴があります。トレンド状態を確認しながらナンピンの幅や、ロット数を変化させます。このナンピンのタイミングが絶妙で、小気味良く含み損をプラスに転じさせています。

マーチンゲールに関しては、バックデータを見る限り最大で6倍のロットまでポジションを増やしていますね。ナンピンは最大4回までです。稼働状況を見ると、ほとんどナンピン3回で上手く収めています。

レートが戻らなかった場合の損切りラインですが、150~180pips位ですね。ストップが発動すると結構痛いです。

しっかりとした資金管理が必要とされます。

マニュアルらしいマニュアルはないので、おそらく初心者の方は戸惑うでしょう。パラメータの設定方法や、資金管理などある程度理解が進んでいる、EA経験者向けの商材という感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加