+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXは、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツールです。自動売買(EA)ではなく、チャート上にシグナルが表示されるソフトです。

15pipsFX
ユーザーは、そのシグナルに従って、ENTRY、EXITを行います。ストップ(損切り)のラインも自動的に表示されます。ストップラインは、直近高値や安値を目安にしているようですね。

ロジックは、順張りです。トレンドの初動を捉えたり、押し目(戻り)を拾ったりするロジックです。

リミットのロジックは、15pips固定リミット以外にも複数用意されており、アレンジも可能です。

+15pipsスキャルFXの”EA”が欲しい

+15pipsスキャルFXは、エントリーポイントもリミットもストップも明確です。ということは・・・自動化(EA化)できますね。

この手のツールは、できればEAも同時に提供していただきたいですね。EAがあれば、+15pipsスキャルFXの優位性も確認できますし、何よりも手法の強みと弱みがわかります。バックテストによって、手法の得意な場面と苦手な場面を把握することができるので、よりロジックを活かしやすくなります。

これほどのインディケーター(+15pipsスキャルFX)が作製できるのであれば、同じロジックを採用したEAは、もっと簡単に作ることができます。+15pipsスキャルFXが優れたツールであるならば、是非ともEA化して欲しいところです。

+15pipsスキャルFXのEAを作り、ヒストリカルデータでバックテストをすれば、ロジックの優位性は、数分で判明します。

ただ、バックテストで勝てるからといって、フォワード(実践)でも結果を残せるかどうかは、わかりませんが・・・

ある程度プログラミングができるユーザーであれば、+15pipsスキャルFXのEA化(自動売買ツール化)は難しくないと思います。

過去にも、EA化が可能なインディケーター商材がありましたね。

>>タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】
>>為替予想GIMMIC 【検証とレビュー】

+15pipsスキャルFXの過去成績を見たい

残念なことに、+15pipsスキャルFXの販売ページには、過去成績(数ヶ月にわたる実績)が掲載されていません。掲載されているのは、特定の場面を切り取った動画のみです。

単純に、勝てている(勝率の高い)期間で、MT4のストラテジーテスターを走らせているように思えます。

2013年3月8日0時〜同日23時59分(=つまり1日)の成績です。

ストラテジーテスター
1日(24時間)の成績を見せられただけでは、ツール本来の優位性を確認することは困難です。たまたま+15pipsスキャルFXのロジックが機能した場面(日)だけを取り出して、成績掲載していると思われても仕方がありません。

MT4のストラテジーテスターを使うのであれば、しっかりと長期の期間(最低でも3ヶ月程度)でテストして欲しいところです。

その結果が本当に右肩上がりになっているのか?是非、見てみたいですね。

15pips取りたいなら、ロンドンコーリング手法

15pipsで思い出しましたが(余談ですが)、ロンドンコーリング手法というロジックをご存じでしょうか?

いわゆるボックスブレイクアウトと呼ばれる手法です。よくある手法の一つですが、女性トレーダーのボリ平さんが有名ですね。

ロジックはいたってシンプルです。

1.ロンドン時間(15~20時)の高値・安値にラインを引く ※冬時間は~21時
2.その高値と安値ブレイクでエントリーできるように指値注文を入れておく
(どちらかに刺さったら、一方のOCOはキャンセルする)
3.リミットは+15pips
4.ストップはー15pips
5.全てIF-OCO(イフダンOCO)注文を入れておく

たったこれだけです。トレードは1日1回のみ(重要指標発表時はトレードをしない)。IF-OCOを設定してエントリーが刺されば、あとは完全ほったらかしです。

ボックスブレイクアウト手法は、シンプルですがなかなか奥が深いです。海外フォーラムでも、様々なボックスブレイクアウト手法が議論されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加