爆裂プロフィットファクターFX 【検証とレビュー】

EAはフォワード(実績)が全てだと言って良いでしょう。もちろん、良好なバックテスト結果がフォワードでも再現できることが重要です。

ただし、バックテスト通り再現できるEAなど、なかなかありません。ロジックと相場のマッチング次第ですね。

可能であればmyfxbookでフォワード成績を公開して欲しい

爆裂プロフィットファクターFXのフォワード成績ですが、それらしきものは販売ページにも少し掲載されています。

しかし、これが本当にフォワード成績なのかは、残念ながらユーザー側では検証できません。

販売者側で可能であれば、フォワード成績をmyfxbookで公開して欲しいですね。myfxbookは、MT4(メタトレーダー)の成績(資産状況)をリアルタイムにグラフ化し、公開できるサービスです。こんなサイトです。

myfxbookとは
出典:http://www.myfxbook.com/members/FTLabo/trinity-scalper-fx/478125

一度はご覧になったことがあると思います。

ご覧の通り、資金の増減、ドローダウン、ポジションなど、あらゆる実績がグラフ化、データ化されて一覧できるサービスです。ちなみに上のmyfxbookはトリニティスキャルパーFXのものです。 販売者の公式myfxbookです。

>>トリニティスキャルパーFXのフォワード成績について

トリニティスキャルパーFX
ドローダウンなどもリアルタイムに確認可能です。

トリニティスキャルパーFXのドローダウン
EA販売者の不都合な真実とは

myfxbookで販売するEAの実績(フォワード)を公開することは、販売者にとって諸刃の剣です。

myfxbookでの成績が良ければ、販売に大いに弾みがつくでしょう。 販売するEAに自信があれば、myfxbookで積極的にフォワード成績を公開するでしょうね。

しかし、販売するEAに自信がない(もしくは適当に作っている)のであれば、myfxbookで成績を公開することは、自分のクビを絞めることになります。成績をリアルタイムに公開すれば、勝てないことが判明して、売れなくなるからです。

だからこそ、myfxbookで成績を公開している販売者は、信頼できると思います。販売するEAに自信がなければ、myfxbookでフォワード成績を一般公開することをためらうはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加