FX錬金術(HIDE渡秀明) 【検証とレビュー】

HIDEさん(渡秀明さん)のFX錬金術という商材です。

>>FX錬金術の販売ページはこちら

私は、この商材(FX錬金術)を購入しておりませんので、別の角度からレビューをしてみたいと思います。

国民生活センターへの”相談案件”

過去の記事でも取り上げましたが、HIDEさん(渡秀明さん)が代表取締役である株式会社フロンティアと、投資顧問契約を締結した個人投資家との間でトラブルがあり、消費者が国民生活センターADR制度を利用して仲裁の依頼をしました。
>>投資助言代理業者との紛争
>>ADR制度とは?

紛争の概要ですが、国民生活センターの報道発表資料をまとめると以下のとおりです。

相談者は、株式会社フロンティア(投資助言代理業者 代表取締役 渡秀明氏)と投資顧問契約を結び、会費105万円を払いました。

そしてFXの運用資金62万円をFX会社の口座に入金をしました。

相談者は、システムを利用したトレードにより、10日後に全ての資金を失いました。

相談者は、株式会社フロンティアに会費と運用資金の返還を求めました。

返還請求に対し、株式会社フロンティアは、「新しい自動売買システムを提供するので、その FX の利益で返還する努力をする」と回答しました。

相談者は、再度2万5000 円で運用を開始しましたが、その資金も失ってしまいました。

相談者は国民生活センターのADR制度を利用し、株式会社フロンティアから投資顧問費用105万円と、運用資金、システム利用料の合計167万円の返還を請求しました。

※この概要は国民生活センターの報道発表資料をまとめたものです。従いまして、相談者の一方的な話が中心であり、出来事の一面でしかありません。実際にこの通りであったかどうかは不明です。

>>投資助言代理業者との紛争

紛争の詳細は以下のリンクをご覧ください。
>>【事案 5】FXトレードシステムに関する紛争(2)

この紛争(仲裁依頼)では、結局のところ株式会社フロンティアが話し合いに応じなかったため、ADRによる仲裁が失敗に終わっていますので、事の真相は不明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加