【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

【SCB】スピードキャッシュバイナリーは、バイナリーオプションのEA(自動売買)システムです。

販売者は、有限会社ジーグランド。有限会社ジーグランドは、これまでに以下の商材を販売してきました。

【ACB】オートキャッシュバイナリー 5,980円
マジックキャッシュバイナリー 9,800円
ネクストFX 158,000円
ピンポイントFX 12,800円
クイックタイムFX 19,800円
ライジングFX 19,800円
ギガ・レジェンドFX(販売停止) 945,000円 → 98,000円
レンジブレイクFX(販売停止)
【SCB】スピードキャッシュバイナリー 58,000円
【ACB】オートキャッシュバイナリーは、当サイトでも過去に検証記事をアップしています。
>>【ACB】オートキャッシュバイナリーの検証記事を読む

その販売会社が、新しく販売する商品、それが【SCB】スピードキャッシュバイナリーです。

6月15日から一般公開ですので、現時点(6月13日)では、その詳細が不明です。

有限会社ジーグランドの販売手法とは?

【SCB】スピードキャッシュバイナリーの詳細が不明ですので、ここでは有限会社ジーグランドについて検証してみたいと思います。

先ほど記載したとおり、多くの情報商材を作って販売している会社です。ジーグランドが販売する商材には大きくわけて2種類あります。

低額商材と、高額商材です。たとえば、

【ACB】オートキャッシュバイナリー 5,980円
マジックキャッシュバイナリー 9,800円
ピンポイントFX 12,800円
クイックタイムFX 19,800円
ライジングFX 19,800円
これらは、比較的低価格といえます。そして、

ネクストFX 158,000円
ギガ・レジェンドFX(販売停止) 945,000円 → 98,000円
【SCB】スピードキャッシュバイナリー 58,000円
どれも、高額商材です。

低額(手頃な)商材を販売してリストを集め、その後に、高額商材をアップセルする「マーケティング手法」を上手に活用している販売会社ですね。

今回の【SCB】スピードキャッシュバイナリー(58,000円)も、【ACB】オートキャッシュバイナリー(5,980円)と比べると高額な商材になります。前回販売した【ACB】オートキャッシュバイナリー(5,980円)で集めた顧客リストに、バックエンド商品として販売をおこなうのかもしれません。情報商材業界ではよく使われるマーケティング手法の一つです。

大量消費社会と巧妙化するマーケティング手法

この手のマーケティング手法は、もともとアメリカのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)から生まれたものだそうです。

ユーザーの購入心理を巧みに捉えたマーケティングノウハウです。大量消費社会アメリカならでは、という感じですね。

私達は、こうしたマーケティング手法に日常的に晒され続けています。資本主義社会のメーカーや広告代理店によって、消費が半強制的に生み出されているわけです。

買うことが当たり前、買わなきゃ損、今購入したほうがお得、知らず知らずのうちにこうした誘導が行われています。

情報商材業界もそうですね。購買意欲を刺激する巧みな販売ページや、プロダクトローンチに代表される無料オファーなど、気がつくといつの間にか商材コレクターになってしまうこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加