バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラットホームに対応したシグナル点灯型ツールです。

同じ販売会社が過去にリリースしたツール、為替予想GIMMICがバイナリーギミックのベースになっているようです。
>>為替予想GIMMICの検証とレビュー記事

バイナリーギミックは売り切りではない

バイナリーギミックは売り切りではありません。有効期限が設けられており、期限ごとに更新手続きが必要です。

更新費用は発生しません。

同じ販売者のFX為替予想GIMMICというツールも、52500円(値上げしてます)という高額でしたが、利用できる期間は6ヶ月でした。

6ヶ月経過すると利用期限が切れてしまい、継続して利用するためにはさらに追加費用が発生するというツールでした。

トレードアイランドで実績を出してから販売してはどうか?

バイナリーギミックの優位性は不明です。

販売ページには2日間の実績らしきものが掲載されています。2012年9月29日と、10月3日の2日間の成績のみです。

バイナリーギミックはどんな証券会社でも使えるツールだそうですので、GMOクリック証券のトレードアイランドで、リアルマネーを使って最低でも2~3ヶ月の実績を出してから販売するようにして頂けると、ユーザーも安心できると思います。

>>トレードアイランドとは?

ツールの優位性を確認するためには、ある程度の期間とトレード回数が必要ですので、最低でも1日に20~30回前後、それを2~3ヶ月継続して欲しいですね。

元金は少なくてもかまいません(10~30万円程度)ので、できればリアルマネーでフォワードテストを希望します。

トレードアイランドは、全てのネットユーザーがその成績(資金の増減)を確認できます。

実際に数ヶ月、リアルマネーで販売者がトレードを行い、利益が残るだけの勝率をたたき出せるのであれば、バイナリーギミックに優位性があると判断できるでしょう。

たった2日間の実績では、そのツールの長期的な優位性を判断することは難しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加