Victory FX 【検証と評価】

販売スタートしてから数ヶ月で消えていくEAが多い中で、長期的に生き残っているという点で評価できそうです。

息の長いEA(長期的に販売されているEA)は、優れた成績を残せているものが多いという印象です。

過去に最大3回までナンピンをしている

販売ページには3つのEAが紹介されていますが、メインEAはTYPE Ⅰです。ですので、ここではTYPE Ⅰに絞って解説していきます。

このEAはナンピンを最大5回まで行うのですが、10年間のバックテストでは最大3回までのナンピンで凌いでいます。

では5回のナンピンを行使してもレートが戻らなかったらどうするか?30%~52%に含み損が到達したら強制的にポジションを全てクローズをします。

口座破綻する前に、自分でロスカットしちゃいましょ、という意味ですね。破綻はないけど、最悪の場合、資金が半分に減ってしまうということです。

石橋を叩いて渡るEA

現在も販売中ということは、販売開始してから、一度もロスカットはなかったという幸運にめぐまれているわけですね。

ただ、このロスカットはいつ訪れるかわかりません。1ヶ月後? 3ヶ月後?もしかしたら明日かもしれません。

そのときに、あなたの口座は最悪の場合、半分吹っ飛びます。

このEAが5回目のナンピンを行使したときから、崩壊へのカウントダウンが始まります。まさに恐怖です。

戻せばホッと胸をなで下ろすけど、耐えきれなければ崩壊。崩壊したときが、このEAの販売終了時期ではないかと思っています。

崩壊せずとも、瞬間的には、30~50%の含み損を抱えるわけですから、怖くなって運用を止めてしまう人も出てくるかもしれません。

対象通貨ペアは、

USDJPY
USDCHF
EURUSD
の3通貨ペアです。

推奨ロットは、資金3,000ドルに対し最小単位は0.01ロットです。かなり慎重ですね。まさに、石橋を叩いて渡るEAです。

ここまで押さえれば複利運用も可能でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加