Mr.コージの鉄板指標マスターFX 【検証とレビュー】

そのMR.コージの最新作が、鉄板指標マスターFXです。経済指標発表時のレートの動きに特化したトレード手法です。

指標トレード(指標スキャル)は、上手くやれば大きな利益を得ることができます。しかし非常に大きなリスクも存在します。

それこそ、数秒~数十秒で決着がつくトレードですので、緊張感やストレスもハンパではありません。つまり、向き不向きがあるということです。

飛びつく前に、ご自身が指標トレードに向いているかどうかを、しっかりと見極めた方がよいと思います。

MR.コージ氏の実力を知るには、過去を調べればいい

MR.コージ氏(鉄板指標マスターFX)のトレーダーとしての実力はいかほどなのでしょうか?彼が関わった商材(サービス)について分かる範囲で調べてみました。

FXDDカレンシー
カレンシー240
SevenStar
MR.コージが参加していたFXDDカレンシーがサービスを休止

MR.コージ氏といえば、FXDDカレンシー参加トレーダーでしたね。そのカレンシーですが、現在はサービスを休止しているようです。

カレンシーは現在、コンプライアンス上日本在住のお客様の口座にてシグナルが受信不可能となっております。

また、日本在住のお客様のトレードリーダープログラムも停止させていただいております。

今すでに開いている取引ポジションはお客様ご自身でMT4にてポジション決済が可能です。

ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

~FXDDサイトより引用~

受信不能&プログラム停止の理由は、コンプライアンスによるものだそうです。つまり日本の法律に抵触する可能性を示唆しています。

残念ながらMR.コージ氏の成績をチェックすることはできませんでした。

MR.コージ氏の関連商材「カレンシー240」のその後

MR.コージ氏(鉄板指標マスターFX)といえば、カレンシー240という商材もありましたね。カレンシー240は、MR.コージ氏の無料EA「SevenStar」のバックエンド商材として売りこまれていたものです。

MR.コージ氏も、カレンシー240の専属トレーダーとして参加していました。カレンシー240の販売ページは、残念ながらすでに閉鎖されています。
>>http://currenseejapan.info/240/index.html

そして、販売元のカレンシージャパンのサイトも閉鎖です。
>>http://currenseejapan.info/

肝心の成績は・・・過去の記事をご覧下さい。
>>カレンシー240について

その後の経緯については、以下のブログが参考になります。
>>緊急重要!!!カレンシージャパン事務局からメールあり!!!

池谷という名で、メールがあり最大ドローダウン30%から40%の可能性があったとのこと。

緊急重要!!!カレンシージャパン事務局からメールあり!!!

FXDDジャパンに今日中に資金移動しなければ、明日の朝一番で金融庁に連絡します。とメールを送りました。

緊急重要!!!カレンシー240の取引がストップしました!!!

カレンシー240 ー869.19pips
(スタート資金からの損益)
現在取引停止 資金移動待ち。

大変遅くなりました

こんな記事もありました。

カレンシー240 久々です。
別段進展はありません。
質問の回答も返ってきていません。
スルーです。
スルーされるなら、もうやり取りを公開していいかと。。。
最低の団体が今も活動を続けているのだとすれば、それはもう社会的な悪です。
(中略)
2012年6月初めに25%のドローダウンを出しました。
あまりにもお客からの苦情が多かったのか? 6月5日にドローダウンに関するお詫びが送られてきました。
直近3か月の集計値で20%のドローダウンを記録したと。
3か月?の集計?
意味わからないですね。
そして過去には最大30~40%のドローダウンがあったと。。
しかもその後にドローダウン分を取り返しさらに最高利益を更新していると。。
こんなことを今頃カミングアウトしてる。
~久々のカレンシー240~

MR.コージ氏のSevenStarはどうだったか?

MR.コージ氏は、SevenStarというEAも提供していました。

無料で提供されていたEAでしたが、成績は以下の通りです。

sevenstarフォワードデータ
出典:http://fxea.jp/advisor/7/transaction

現在、上記サイトでのSevenStarの成績は、削除されています。SevenStarの配布元サイトも閉鎖されています。

残念ながら、FXDDカレンシー、カレンシー240、そしてSevenStar、すべて削除(もしくは閉鎖)されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加