バイナリーオプション風林火山 【検証とレビュー】

風林火山はバイナリーオプションのシグナルツールです。

システムですが、トレードするかどうかを判断するのは購入者なので、どちらかと言えば裁量系のマニュアルですね。

プログラムで導き出された結果を、あなたがこの《風林火山》のマニュアルに従って最終決断をすればいいだけなのです。

販売ページより引用

チャート上に矢印が表示されるタイプですが、トレードの可否については別のルールに沿って判断することになります。

販売ページを読むと、トレンドフォロー系のロジックを採用していますね。

最大勝率9割を叩き出す破壊力・・・

継続的な利益をもたらす安定性・・・

販売ページより引用

とありますが、その根拠となる説明は残念ながら販売ページには見当たりませんでした。

風林火山の実践成績があれば公開して欲しいと思います。

GMOクリック証券推奨だが、完売対策は?

風林火山は、GMOクリック証券の外為オプションに対応しています。

販売ページに複数のチャートが掲載されていて、それぞれに勝敗が○×で記載されていますが、クリック証券の完売についてはどのように対策をされているのか、気になります。

GMOクリック証券の完売問題は、無視できないレベルになってきています(6~8%で完売となる)ので、完売対策については非常に興味深いところです。

風林火山のマニュアルでは、完売対策についての解説がなされているようですね。

バイナリーオプションの現実(デメリット)

風林火山の販売ページには、結構良いことも書いてあります。

それは「バイナリーオプションの現実(デメリット)」という項目です。

そこには、

時間的制約によるデメリット
自分のタイミングで決済できないデメリット
外れたときの全額没収のデメリット
連敗したときのデメリット
のようにバイナリーオプションに関するデメリットの解説があります。

結構、当を得ているのですが、そのデメリットを風林火山がどのように克服しているのか、そのことについての記載がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加