ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーは、海外ブローカー対応のBO商材です。

推奨ブローカーは、Optionリング(SEVEN STAR LIMITED)です。

販売ページには華々しい成績が掲載されていますが、証券会社の取引履歴ではなく、販売ページ用に作られた画像にすぎません。

せめて取引履歴を掲載して欲しいところです。ツールの優位性を証明するには、根拠が薄いと言わざるをえないですね。

ヒルズバイナリーが気になる人は、購入する前に販売者に取引履歴をすべて見せて欲しい、とお願いしてみてはどうでしょうか?

ちなみに、ヒルズバイナリーで推奨されているOptionリングの取引履歴画面とはこんなかんじ(↓)のものです。

OptionRing
販売ページの成績(2013年1月〜2014年2月の14ヶ月間)を、この取引履歴画面で提示していただければ、信頼性は増すと思うのですが、なぜ掲載しないのでしょうね?

もしも、販売ページの成績が虚偽だったら、大きな問題になる恐れがあります。

Q&Aにも以下のように記載されています。

hillsbinary
つまり、掲載成績は、全てOptionリング(推奨業者)のもの、と明記してありますね。

OptionリングのWEBサイトが開設されるよりも、以前の成績があるのは何故?

Optionリングを提供しているブローカーのドメイン(optionring.net)を調べてみました

すると、このドメインが取得されたのは2013年3月29日であることがわかります。

Optionringドメイン
ドメイン登録情報には、Creation Date: 2013-03-29 23:44:08と記載されていますね。

一方、ヒルズバイナリーの販売ページには、なぜか2013年1月からの成績が掲載されています。

ヒルズバイナリー201301 ヒルズバイナリー201302 ヒルズバイナリー201303
Optionリングのドメイン取得日:2013年3月29日以降

ヒルズバイナリーのOptionリングの成績:2013年1月〜

不思議ですね。

OptionリングWEBサイトのドメイン取得日より以前の成績(2013年1月・2月・3月の成績)が、販売ページには掲載されています。

サイトが存在しないのに、どうやって成績を出したのでしょうか?

Optionリング(SEVEN STAR LIMITED)は大丈夫か?

それから、御多分にもれずOptionリングを提供するSEVEN STAR LIMITEDも、無登録業者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加