ポイントシグナルFX 【検証とレビュー】

シグナル配信サービス(有料)を行う場合は、投資助言代理業への登録が必要です。

(金融商品取引法2条8項11号)

壊滅状態の全コピFX(シグナル配信)業者(アセットブック)も投資助言代理業者でしたね。

具体的に、ポイントシグナルFXの内容を確認してみましょう。

>>販売ページを見てみる

ポイントシグナルFXの販売ページには、FX売買履歴配信と記載があります。

本配信は、売買履歴配信であり、投資に関わる助言を行うものではありません。

販売ページより引用

売買の履歴を配信すると謳っているので、シグナル配信ではないということなのでしょう。

ポイントシグナルFXは、投資助言代理業務に該当するのか?

概要説明を読んでみると、

1.毎朝9時頃に売買履歴配信

月、火、水、木、金曜日の毎朝9時頃に売買履歴配信いたします。
※緊急時は、朝9時 以外に売買履歴配信させていただく場合もあります。

2.配信内容

基本的な注文は新規エントリーがある場合は、朝9時、始値での成り行き注文してそのポジションに、ストップを入れ、放置します。あとは、毎日持っているポジションのストップ注文の調整を、売買履歴配信させていただきます。

3.決済結果

決済結果につきましては、「公式記録のブログ」で公開いたします。

この説明を読む限り、「投資助言業務」に該当するように感じます。

投資助言業務とは、ユーザーとの間で締結した投資顧問(助言)契約に基づいて、有価証券など金融商品への投資判断についてユーザーに助言を行う業務を指します。

ポイントシグナルFXの売買履歴配信サービスは、購入すべき通貨ペア・レート(投資判断)を月額サービスとしてユーザーにメール配信(助言)するサービスですね。

当然ストップ値や利益確定値(投資判断)もメール配信(助言)しています。

ギガリンクの説明を読むと…

ポイントシグナルFXの販売業者ギガリンクの説明は以下の通りです。

独自に開発した売買シグナルに基づき、私が行う売買の履歴をほぼリアルタイムで配信するサービスのことです。
売買を強制したり、指示することは一切行っていません。
あくまでも私が行っている売買履歴内容をお伝えするサービスになります。

販売ページより引用

売買「履歴」を「ほぼリアルタイムで配信」するから、投資助言代理業務に該当しない、という説明ですね。

投資助言業務とは?

投資助言業務についてもう少し詳しく説明します。

金融商品取引法2条8項11号(金融商品取引業)に定義されています。

11.投資顧問契約を締結して、以下の助言を行うこと。
イ 有価証券の価値等
ロ 金融商品の価値等の分析に基づく投資判断

金融商品取引法2条8項11号より引用

つまり相手方に対して、

「有価証券の価値等」「金融商品の価値等の分析に基づく投資判断」について「口頭、文書、その他の方法」によって助言を行い、その対価として報酬を得る場合において、投資助言代理業の登録が必要とされています。

FXは、当然「金融商品」に該当しますね。

取引すべき通貨ペアを教えたり、取引タイミング(具体的なレートやトレード方向)を教えることは、「金融商品の価値等の分析に基づく投資判断」となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加