あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?

神王リョウ氏が、自身の投資手法として公言しているのは「スパイダー投資法」と呼ばれるものです。

神王氏は、自身で編み出したスパイダー投資法を駆使して、資産20億を築き上げたようです。

そして、神リッチプロジェクトで教えてもらえる投資手法も、スパイダー投資法のノウハウがベース(下地)にあることは間違いなさそうです。

スパイダー投資法の4つのポイント

スパイダー投資法の詳細について調べてみると、非常にシンプルで王道的な手法であるようです。

ポイントは4つあります。

東証1部の有名銘柄の中から厳選する
上昇基調にある銘柄のみをターゲットにする
10%の含み益で利益確定、2%の含み損で損切りをおこなう
勝率は40%でOK(4勝6敗)
以上です。

拍子抜けするほどシンプルです。

ザイ2006年4月号にも、以下の様な記述があります。

東証1部の有名な300銘柄しか買わない
相場の予測はしない 
チャートを見て流れに乗る
勝率40%というのは、リスクリワード(利確と損切りのバランス)から導き出しているのでしょう。

10%×4回=40%(勝ち)
2%×6回=12%(負け)
40%ー12%=28%(利益)

株をやっている人はわかると思いますが、2%の下落はかなり頻繁に発生します。2%下落で損切りでは、なかなか勝率を上げられないのではないか?という印象です。

このルール(10%利確・2%損切り)を継続すれば、あっという間に資金が底をつきます。

結局のところ、銘柄選び=スクリーニング(上昇基調にある銘柄をどのようにして選別するか?)がキーポイントになりそうです。

スパイダー投資法の名の由来

ところで、なぜスパイダー投資法と呼ぶのか?

それは、蜘蛛(クモ)が獲物をねらって網(ワナ)を張るところから由来しているようです。つまり、追いかけるのではなく「待つ」「ひたすら待つ」という戦略であるということです。

獲物を確保しやすいロケーション(対象銘柄の選定)、また雨風その他外的要因によるワナの損壊を最小限に防げる立地を選び(ファンダメンタルズ)、細心の注意をはらって網(ワナ)を仕掛けます。

ワナを張って獲物を待つということは、投資対象とする銘柄(監視銘柄)を複数選び(スクリーニング)、常時監視するというスタイルだと考えられます。

神リッチプロジェクトの販売ページにも、

私がこの2億円という金額を稼ぐのに、必要な時間はどれくらいだと思いますか?1日10時間?5時間?いや違います。 正解は・・・ 1日30分です。はい。1日たったの30分です。 しかも、月曜~金曜日の朝30分ほどの時間のみ…

という言葉が出てきます。

つまり毎朝30分をかけて監視銘柄の値動きをチェックして投資判断をおこなっているのでしょう。

神王リョウ氏の投資戦略は極めてシンプルだが…

神王リョウ氏の投資戦略は、短期トレードであり、出来高分析とファンダメンタルズ分析を基本としているようです。

そして、仕掛けのタイミングでテクニカル分析を使っているようです。

ご覧のとおり、非常に王道でシンプルな投資戦略です。

GFF氏のような、若干トリッキーなテクニカルを使っている感じもなさそうです。

>>10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説

このシンプルな投資戦略で、月に2億稼ぎ、20億〜30億の資産を築いたのであれば、ある意味天才だと言えます。

仮に月2億円の収入を得ていることが本当だとして、その投資戦略を第三者が再現できるのか?という点は、別の問題です。

もしも神王氏が天才肌の投資家であれば、直感的な投資判断などを持ち合わせていると思います。しかしそれを第三者が再現することは非常に困難です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加