鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールのようですね。

1時間足と30分足のトレンドの方向性を確認し(インジの色合わせ)、15分足でエントリーのタイミング(インジの色合わせ)を計ります。

その後、相場が大きく動く(トレンド発生)まで、放置する、という流れです。

ステップ1 トレンドの方向性を確認
ステップ2 エントリータイミングを計る
ステップ3 相場が大きく動くまで放置

販売ページより引用

トレンドフォロー系ツールですので、思惑通りトレンドが発生すれば、勝てるでしょう。

しかし、相場の8割を占めるといわれるレンジ相場では、どうでしょうか?ダマシを連発することにはならないでしょうか?

他のトレンドフォロー系のツール同様、この点が最も気になりますね。

鉄板マスタートレンドのダマシ回避方法とは?

ご存じの通り、多くのトレンドフォロー系のロジックは、トレンドが発生すれば大勝できますが、その一方で決定的な弱点を持っています。

それはレンジ相場にめっぽう弱いということです。レンジ相場や、ノイズ、トレンド不発などで、ダマシを連発します。

相場の8割を占めるレンジ相場において、このダマシをいかに回避するか?という点がトレンドフォロー系ツールの肝(キモ)であると考えます。

鉄板マスタートレンドの販売ページをよく読んでみたのですが、レンジ回避のための、詳細な解説が見当たりません。複数のインディケーターによる、色合わせや、複数時間足観察によるトレンドの方向性チェック(これも色合わせ)が中心のようです。

詳細は、実際に購入してみてマニュアルを読んでみないと不明です。できればもう少し販売ページで解説して頂けると嬉しいですね。

小さな損切り実現とトレンドに乗り切ることのジレンマ

鉄板マスタートレンドは、損切りが早いとの説明もあります。

コージさんのトレードは、損切りのレベルが非常に早いこと。
(中略)
コージさんの教え通り、損切りをかなり早い位置に設定しています。

販売ページより引用

一般的に、損切りを早く(小さく)しようとすれば、トレンドに乗り切ることがむずかしくなります。まさにジレンマです。

大きなトレンドを捕まえるためには、小さなノイズは排除(無視)する必要があります。しかし、小さなノイズを無視しようとすれば、ストップの位置を深くする必要があります。結果的に、損切り幅が大きく(深く)なってしまうのです。

逆に損切り幅を浅く(早く)すれば、ノイズを捉えてしまい、大きなトレンドに乗り切ることが困難になります。

これが、トレンドフォローにおける”ジレンマ”の正体です。

このように、トレンドフォロー系のロジックには、避けられないジレンマが存在しているのです。このジレンマと、いかに折り合いをつけるか?これがトレンドフォロー系ロジックの優位性を左右します。

鉄板マスタートレンドが、このジレンマをいかに回避しているのか?気になる点の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加