エルドラドBO 【検証とレビュー】

バイナリーオプションは、投資と考えずに、普通にギャンブルとして楽しめば良いと思います。オンラインカジノや、オンラインポーカーのように、ネットでできるギャンブルだと思えば、楽しめると思います。

一般的なオンラインカジノのように、法的にグレーゾーンでもありません。金融庁が公認し証券会社が胴元となって日夜開かれる賭博場、それがバイナリーオプションです。

オンラインカジノのように、こそこそ隠れて(怯えて)賭ける必要はありません。真っ昼間から堂々とギャンブルが楽しめます。しかもカジノ(マーケット)は、24時間、開いています。 オンラインカジノで、コソコソと隠れて遊ぶよりも、よっぽど健全です。

システムは、半丁賭博に酷似

バイナリーオプションは、非常によくできたゲーム(ギャンブル)です。射幸心を煽り、依存性を高める工夫が随所にあります。

最もメジャーなバイナリーオプションの一つ、HIGH&LOW(プラスマイナス)のシステムは、半丁賭博に酷似しています。

小さな金額からスタートができ、UP・DOWN(半・丁の2択)に賭け、瞬時に勝敗が決まり、そしてテラ銭を胴元(証券会社)が搾取する。

まさに、ギャンブル(半丁賭博)ですね。バイナリーオプションは、ギャンブル(ゲーム)として楽しみましょう。

バイナリーオプション規制の方向に動いている?

一般的に、ゲームにはルールがあり、公平性・透明性が求められます。当然ですよね。胴元が裏でこっそりと自分の利益誘導をしていたら、ゲームの公平性が失われてしまいます。そのあたりを、金融庁が監視しているわけですね。

ところで、日本で過熱気味のバイナリーオプションは、どうやら規制の方向に動きつつあります。規制といっても投資家保護の観点からの規制です。つまり、公平性や透明性を維持するためのもののようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加