TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FXも前回同様、シグナル点灯ツールです。

turbo-fx
画像引用:TURBOFX販売ページ

ちなみに、以下のチャート図は、+15pipsスキャルのものです。

15pipsFX
どちらも、エントリーシグナルと決済シグナルが表示されるタイプです。

おそらく、今回のTURBO FXは、前回の商材(+15pipsスキャル)の正常進化版と言えそうです。

前回の商材と異なる点は?
さて、どこが進化したのでしょうか?

どちらも、スキャルピング商材ですが、前回の+15pipsスキャルでは1分足を使用したのに対し、今回のTURBO FXでは、1分足に加え5分足にも対応をしています。

より、トレードの幅が広がるわけですね。

シグナルのみ無裁量で約4800ドルを獲得した?

販売ページには、以下のように表示があります。

たったの3ヶ月、しかも1通貨のみのトレードで、約4800ドル(日本円で約490,000円)を獲得しました。

しかもシグナルのみの無裁量トレードでの成績です。

引用:TURBO FX販売ページ

すばらしい成績ですね。

エントリーポイントも、リミットポイント(シグナルと、指値)も、ストップ(逆指値)も、すべて明確です。

ただ、シグナルのみの無裁量トレードで利益を出せるならば、そのままEA化(自動売買化)したものを提供して欲しいですね。

マニュアル内では、シグナルのフィルタリングを行うための、裁量ノウハウも紹介されているようです。

販売ページ内の実践者の声では、PIVOTラインなどを参考にしてシグナルの取捨選択をするような記載もあります。

それでも、EAを提供してもらうことでロジックの弱点(苦手な相場)と優位点(得意な相場)を、論理的にデータ化して検証することが可能になります。 是非、購入者にはEAを無償提供していただきたいです。

TURBO FXのロジックは公開されている

販売ページ内には、

しかもロジック公開!

シグナルが出るタイプの商材ではロジック非公開のことが多く、 負けが続くと信頼できず続かないのですが、「+15pipsスキャルFX」では納得してトレードできるため、今も続けることができています。

引用:TURBO FX販売ページ

なんと、ロジックが公開されているとの記載があります。

シグナル点灯ツール(インディケーター)商材で、ロジックが公開されているのは驚きです。

ロジック公開の商材こそ、購入者にとって本当に役立つ商材だと私は考えています。(もちろん、優位性のあるロジックであることが大前提です)

販売者の姿勢は、非常に評価できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加