グレートジャイアンバイナリーと牧田健三氏について

グレートジャイアンバイナリーは、バイナリーオプション専用のシグナルツールです。

※販売ページは閉鎖されています。

販売前にデモ版が無料公開され、圧倒的な勝率の高さが話題になりました。そして、正規版(リアル版)の販売(2013年10月16日販売スタート)。正規版の販売価格は、98,000円と比較的高額です。

Cedar Financeは外部実行システムを禁止している

グレートジャイアンバイナリーで使用するブローカーは、Cedar Finance(シダーファイナンス)です。Cedar Financeは、キプロス島にあるFXブローカーですね。

グレートジャイアンバイナリーのプログラムは、このブローカーのシステムと連動して稼働するようです。

表示されるシグナルを確認して、クリックするだけで取引が完了します。

ところがCedar Finance(シダーファイナンス)は、外部実行システムの使用を規約で禁じています。

20 外部実行システム

ブラウザ上のクライアントまたはクライアント側が人手による実行を必要としない未認可の自動または半自動取引システムを統合化することは、バックドアAPIまたはシステムの乱用とみなされ、口座の凍結やポジションの取消の処分を受けるおそれがあります。

このような方法でポジションを取得すると、価格が承認されず、一般市場に記入されないので、市場外取引として、キャンセルの対象になります。

Cedar Financeご利用規約より引用

利用規約を読む限り、グレートジャイアンバイナリーは、ブローカーの規約に違反しているツールであると推測することも可能性です。

ただ、Cedar Finance(シダーファイナンス)がグレートジャイアンバイナリーの利用を容認(認可)していれば話は別です。その場合、ブローカーとツール販売者(バベル=牧田健三氏)は利益共存関係にある可能性も推測されます。

デモ版と正規版の成績乖離

2013年10月16日に、満を持して正規版が98000円で販売スタートしました。限定100名での販売でした。ところが…正規版を利用したユーザーから不満の声が続出し始めました。

>>牧田健三氏について

正規版(リアル)とデモ版(バーチャル)の成績乖離が大きすぎたようです。正規版では負け数が勝ち数を上回っているというという不満です。

もちろん、中には勝ち越している人も存在していると思いますが、負けている人の声が大きく聞こえるのは、どの商材も一緒ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加