上杉式 30days Training Programも海外無登録ブローカーを推奨

海外無登録ブローカーでのトラブルが急増していて、金融庁や関東財務局がやっきになって警鐘を鳴らしています。

>>FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?
>>儲かってるのに出金できない!? 海外FX取引をめぐるトラブル

国民生活センターも図解入りで、トラブルを解説しています。

海外ブローカーでのトラブル
出典:国民生活センターWEBサイト

Millionaire optionは、モグリ(無免許)ブローカー

Gallardo Design Company Limited(ガヤルド デザイン カンパニー リミテッド)の会社概要を確認しましたが、免許登録の記載がありません。

世界中のどこにも登録されていない、いわゆるモグリブローカーです。金融免許(ライセンス)を持っていない業者です。

顧客の資金の保管方法についての記載もないため、恐らく信託保全などしていないのでしょう。外部監査に関する記載も見当たりません。

トラブルがあれば、ほぼ100%資金が消えてしまう可能性を示唆しています。

せめて、海外ブローカーを利用するのであれば、金融ライセンスを持ち、信託保全(分割管理)を実施している業者を選ぶべきです。

分割管理すらしていない業者とは、つまり自身(会社)のお金と顧客のお金を一つの口座に入れているようなものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加