ORION FX 【検証とレビュー】

この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。

今回のEAもリゲル(Rigel)、アルニラム(Alnilam)と、オリオン座に関連する星の名称が付けられています。

2つのEA(自動売買ツール)を合わせて、39,800円(専用口座であれば29,800円)という価格設定です。

【StrategyTesterReport】は掲載なし

残念ながら、販売ページにはバックテスト時の資産推移グラフ(?)しか掲載されていません。

EAのバックテストを掲載するのであれば、少なくともStrategyTesterReport(ストラテジーテスターレポート)を掲載すべきです。

バックテスト期間、PF、最大ドローダウン、平均利益や平均損失など、EAのポテンシャルを知るための重要な要素が不明のままです。

EA販売者として、ストラテジーテスターレポートを掲載しないというのは、どうかと思います。

何を持ってしてEAの優位性を語るのでしょうか?

ORION FXを真剣に検討したいユーザーのためにも、是非、StrategyTesterReport(ストラテジーテスターレポート)を掲載することを検討していただきたいですね。

フォワードテストもない

それから、これも当たり前の話なのですが、販売するEAのフォワードテストをするべきです。

少なくとも半年以上。

誰もが確認できる公正な状態でのフォワードテストです。

たとえば、myfxbookなどですね。

Myfxbook
ちなみに、上図のMayfxbookは、クロスファイアFXのものです。2013年11月でストップしていますが、しっかりとフォワード成績を公開しているという点では、評価できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加