FXコアがドローダウン

スタート時期によって、ドローダウンの規模が異なるようですが、最大で30%ものドローダウン(損失)を喰らったユーザーもいるようです。

100万円で運用していた方は、一瞬にして30万円を失ったことになります。

以下の6月15日の成績は、販売ページより抜粋したものです。

FXコア ドローダウン
※2012年4月2日~2012年6月18日までの「Total profit」 ↑↑↑

わずか数分間の出来事ですが、上の成績を見ているだけで思わず鳥肌が立ちますね。FXコアで運用していたユーザーは、一瞬にして血の気が引いたことでしょう。

FXコアはこれまでの成績が良かっただけに、今回のドローダウンは、多くのユーザーにとってかなりショッキングな出来事のようです。

今回のドローダウンの原因は?

最大30%もの大きなドローダウンを引き起こした原因ですが、販売者である有限会社サウザンドフェイスからの説明がない限り、誰にもわかりません。

FXコアのロジックに問題があったのか、システム上の不具合なのか、それともFXブローカー側のエラーなのか?そもそも最初から想定内のリスク(ドローダウン)だったのか?

気になるのは、FXコアがpepper stoneという海外ブローカーで運用されているという点です。pepper stoneは、海外トレーダーにはあまり評判の良くないブローカーの一つです。サーバーダウンは頻繁に起こるし、つい最近もシステムエラーを起こしたことがあります。

今回のFXコアのドローダウンも、もしかするとpepper stoneのシステムエラーが原因かもしれません。

どちらにしても、販売者である有限会社サウザンドフェイスからの説明を待ちたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加